40歳という年齢で高年収の男性との結婚を決めた同僚、正直な話羨ましいという感情がうずを巻いていました。
もちろんおめでとうという気持ちだってあったけれど、そんな出会いを私も見つけんたいなと言うような気持ちの方が強まってしまっていたのかもしれません。
私よりずっと年上の方だけど、どうやって相手を探すことができたのか?それを知りたくてしかたがありませんでした。
私もメンズセレブな方と知り合ってみたい気持ちもあったし、生活を楽にしたい気持ちもありました。
酒を飲んでいる時に、思い切って相手との出会い方って聞いてみたんです。
もしかしたら良い方法を知っているのかもしれません。
私にもできるような方法だったら、その通りにやって相手を探してみようかなって気持ちまで持っていました。
随分とお酒も入った頃に、その同僚に話をしてみました。
「すごいよね、セレブと結婚しちゃうなんて」
「自分でもまさかって感じ、こんな展開になるとは思ってなかったからね」
「そういう人とどうやって出会うの?私も再婚は考えているんだけどね、出会いがなくて」
「誰にも言わないなら教えてあげるよ」
顔を近づけながら言ってきたので「絶対に秘密にするよ」って言ったら「実は相手探しはパパ活だったんだ」と言い出しました。
パパを探していたと言う事は、愛人関係を探していたと言う事だと思いました。
「やっぱりエッチして囲ってもらう感じ?」
「違うちがう、全然違うよ。エッチしないんだよ」

「ええっ、男の人がエッチしないでお金払うの?」
「うんうん、今そういう食事だけでお小遣いをもらう関係が静かなブームなの知らない?」
そんな話は初聞きで戸惑うばかりでした。
食事を食べるだけでお小遣いをもらうことができる、このような関係が流行っているなんて驚くばかりでした。