前の夫との間には子供ができませんでした。
結婚は1年足らずで終わってしまって、その後は街中にある小さなスナックで仕事をやるようになりました。
すぐに再婚相手が欲しいという気持ちこそ持つことはありませんでしたが、やはり経済的な部分は苦しいので結婚というのは視野には入れておいたのです。
リーズナブルな価格を売り物にしているお店だけに、私の給料も決して高くはありません。
だから、かなり生活自体は苦しい部分もありました。
自分に何かしらのスキルがあればいいのでしょうか、それを持っていませんから収入の高い仕事をみつける事ができないのです。
やはり結婚して生活を安定させるというのは、将来的には必要だなと感じていました。
まだ32歳だからチャンスはあるはず、そんな期待感も持っていました。
見た目は決して悪い方ではないと思っています。
すごい美人ではないものの、絶対にブス系ではないのは間違いがありません。
その証拠にお客さんにもよく、冗談交じりで告白されたりしていました。
仮に本気だったとしても、こういう安いお店に来るお客さんだからお金はそんなに持っていないんだろうなと言うような気持ちもあります。
だから誘いに乗ることはありませんでした。
私より年上の40歳の同僚が、結婚をするから仕事を辞めると言い出したのです。
すごいな40歳になって相手を探せたのか、ただ決して美人な方ではなかったのでそっちの方が驚きだったかもしれません。
それでも同僚が結婚をすると言う事はめでたいことですから、皆んなで歓送会でも開催しようという話になったのでした。

美人でもない年上の同僚は、どうやって相手探しをしたのかな?って気になってしまっていました。
結婚こそ急いでいないものの、やはり生活安定のための伴侶は欲しいという気持ちもあり、しかも同僚の結婚相手は高収入な人なのです。
だからそういう人との出会い方を、聞きたい気持ちでいっぱいになっていました。